line instagram twitter facebook

レギンスの基礎知識

Leggings
レギンスとスパッツの境目ってわかりますか?
ファッションって感覚的に利用する言葉が多くて、いざ説明するとなると難しいものが多いと思いますが、それでも新しい言葉がどんどん増えていくので徐々に流行に鈍感になっていく、、、そんなことにならないように言葉を正しく理解しておきたいですね。 今回はレギンスのキホンについて記載したいと思います。

レギンスもスパッツも同じ!?

冒頭に記述したレギンスとスパッツについて、実は明確な違いはなく大きく言えばどちらも同じなんです。
本来は乳幼児が用いるニット製のズボン風の衣類のことを指すようです。

欧米ではスパッツのこともレギンスと呼んでいますが、日本では今レギンスと呼んでいるものを含めてほとんどスパッツと呼んでいたようです。
ところが、女性の脚をキレイに見せる点に目をつけて2006年頃からファッション業界が新たなファッション用語として「レギンス」として線引きして売り出してから定着するようになったといわれています。

元々は長さは関係ないのですが、現在は長さで線引きすることが多いようです。
レギンス:腰から足首辺りまでの長さ、カラーバリエーションも多くファッション性が高い
スパッツ:腰から膝の辺りまでの長さ、黒系が多く運動時などの着用が多い

また、単体で着用するかどうかなどもその違いの一つのようです。

ただ、これ以外にもレッグウェアにはストッキングやタイツ、トレンカ、ソックス、最近ではレッグウォーマーやフットカバーなど多岐に渡るアイテムが存在しています。

レッグウェアの種類

主なレッグウェアの種類を大まかに分類すると以下のようになります。

つま先までのもの

パンティストッキング
主にパンストと呼ばれるものでスカートやワンピースのときにパンプスと合わせて利用されることが多いものです。
ビジネスやパーティーなどシーンに合わせて無地から柄物、ラメ入りなどを使い分けられます。

タイツ
形状的にはパンストと同様のものですが、厚手のもの(一般的に30デニール以上)をタイツと呼びます。
冬のオシャレや防寒目的で利用されることが多く、ブーツスタイルにも合わせることが多いです。

ショート丈(膝下)ストッキング
あえて膝下と記載しましたが、パンティ部分まで着用しないストッキングは長さも様々あります。
パンストとの違いはコーディネートの幅を出すためのもので丈の長さ以外には大きな違いはありません。

つま先を覆わない

レギンス
前述の通り、主に腰から足首辺りの長さのものをそう呼ぶことが多くどちらかと言えばカジュアルに利用することが多いようです。
スカートやワンピースに合わせることもありますがロング丈のトップスに合わせることも多いです。
女性もののイメージが強いレッグウェアの中ではメンズの展開も多く、近年では登山などアウトドアでハーフパンツの下に着用するものなども人気です。

トレンカ
レギンスの一種になりますが、土踏まずの部分にひっかけて着用するタイプのものです。
元々スポーツウエアの商品名でしたが、パンプスと合わせて脚が細く長く見えることから人気が出て定番化したものです。

その他

ソックス(靴下)
厚めの生地のつま先から履くものでくるぶしやふくらはぎまでなど長さのバリエーションが豊富なものです。
基本的に保温や吸汗などの目的で着用するものだがカラーやデザインも豊富で指がわかれているものなどファッション性や実用性に富んでいます。

フットカバー
指からかかとまでをおおうタイプのものでパンプスなどをはくことでのムレや不快感を軽減するためのものです。
レースや柄があしらわれていたり、ラバーが付いているものなど靴下同様ファッション性や実用性に富んだ種類があります。

さらにパンプスのデザインに合わせて使えるトゥカバーや冬場のオシャレやコーディネートの幅を広げるレッグウォーマーなどもあります。

レッグウェアの多様性

このように大まかな線引きはあるものの、その種類ごとにデザイン面や実用面などの需要に合わせて豊富なバリエーションが存在することでそれぞれのすみわけが難しくなってきているということが考えられます。

逆説的に考えると、脚をキレイに見せたい女性が多いからレギンスという言葉がうまれたように、需要があるから供給が生まれたジャンルも多いかもしれません。

今後、個性が尊重される時代が進むにつれてどんどん新しいジャンルが生まれ、レッグウェアに限らずファッションはもっともっと多様性を見せる予想されます。

種類の線引きに明確な決まりがない以上は線引きすることを目的とするというよりは、その時々のシーンや目的に合わせてファッション性、実用性で幅広く選べるように頭に入れておくとコーディネートの幅が広がることになるのではないでしょうか。

まとめ

流行のスピードに全て乗っていくには時として疲れてしまいますので、レッグウェアの多様性を全部把握するのではなく、自分の求めているものを探す可能性を広げるという感覚が大事なのかもしれません。

「ビジネスシーンだとソックスは使えない」、「カジュアルにはタイツは合わせにくい」、「スポーツ時はスポーツ用品のみ」など凝り固まらずにビジネスシーン向けのソックスを探してみるなど、多様性を見せているレッグウェアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

TOP / BLOG / Leggings / レギンスの基礎知識

クーポンコードをコピーしてカート内でご注文を進んでいただけますと入力する項目がございますので、入力を忘れずにご利用くださいませ。

クーポン期限:1/1~1/9まで